業種によっては今回初めて雇用調整助成金を申請する企業もあるかと思います。そこで、確認用にフローチャートを作成してみました。

1.休業の計画を立てる

  • 休業はいつからいつまで?何日間?
  • 休業時間は?1日中?一部の時間?
  • 休業させる労働者は何人?
  • 休業手当の額は平均賃金の何%?(※労働基準法では60%以上と決められています)

2.休業協定書にまとめ、従業員の代表と合意する

  • 1.で立てた計画を書面(様式は任意)にまとめる
  • 労働組合または労働者の代表者と合意する(特例期間中(現在は12月末まで)は計画届の提出は不要)

3.計画通りに休業させ、休業手当を支払います

  • 1.で立てた計画に沿って休業する
  • 休業日数や時間を従業員ごとにタイムカードや出勤簿に記録する
  • 休業手当の額を従業員ごとに給与明細や賃金台帳に記載する

4.助成金の支給申請書を作成する

  • 申請様式とマニュアルを用意
  • 従業員ごとに休業日数、休業手当額等を記入
  • 休業手当総額×助成率で助成額を計算
  • 事業所名、口座番号などを記入

5.労働局、ハローワークに申請する

  • 窓口・郵送・オンラインのいずれかを選択

👇

指定した口座に、助成金が振り込まれます。

詳しくは雇用調整助成金ガイドブック(簡易版)をご覧ください。