厚生労働省は、今春卒業した学生の採用内定取消しが8月末時点で174人だったことを発表しました。

昨年の約5倍に増え、東日本大震災がありました2011年卒の598人以来の多さとなりました。新型コロナウイルス感染拡大が大きく影響したとみられ、入社の延期や自宅待機になった学生も1,210人ほどに上っています。