厚生労働省は6日、新型コロナ感染拡大に関連する解雇や雇い止めが、6日時点で7万242人に達したと発表しました。雇用情勢の厳しさが改めて浮き彫りに。厚生労働省が2月から全国の労働局やハローワークを通じて日々の最新状況を集計していて9月23日に6万人を超えてから、約1カ月半で1万人増えました。6月に累計で2万人を超え、以降は1カ月1万人ペースで増加。増加のペースはやや鈍化している。

https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000692406.pdf