「育児介護休業法」に基づき、母親・父親ともに育児休業の権利が保障されています。特に父親については、配偶者が専業主婦であっても取得は認められており、保険料の免除等についても女性の育児休業期間中と同様の扱いとなります。