厚生労働省は8日、2020年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職・就職内定状況」2020年10月末現在)を公表。2021年3月高校新卒者の求人数は約37万人で、前年同期比20.7%の減、就職内定率は64.2%で、同0.2ポイントの上昇。求人倍率は2.43倍で、同0.32ポイントの低下。集計の対象は、学校やハローワークから職業紹介を希望した生徒。

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000184815_00009.html