2つ以上の会社で雇用関係がある場合、生計を維持するに必要な主たる賃金を受ける雇用関係のみ雇用保険の被保険者となります。

一般的には賃金の多い事業所で加入することになります。また、どちらも加入要件①週20時間以上勤務②31日以上の雇用見込みを満たしていない場合は加入する必要はございません。

資格取得や喪失の関係から労働者が2か所勤務をしている場合、それぞれの勤務状況について詳しく把握して必要があるでしょう。