働き方改革推進助成金(勤務間インターバルコース)は2020年10月15日受付を持って今年度は終了となりました。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000150891.html

勤務間インターバルとは、勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで、健康保持や過重労働の防止を図るもので、2019年4月から、制度の導入が努力義務化されました。当助成金の本年度の新規受付は当初は11月30日までの受付となっていましたが、申請多数のため当初予定より早く終了となったようです。以上のように今年度は終了となりましたが、この助成金の需要は高く次年度以降も実施されるのではないか、新たな新規募集があるのではないか、注視していきたいものです。