厚生労働省の発表(10月3日)で、8月の有効求人倍率は1.04倍(前月比0.04ポイント低下)、完全失業率は3.0%(前月比0.1ポイント上昇)となったことがわかりました。
有効求人倍率は8カ月連続の低下、失業率は2カ月連続の悪化。完全失業者数は206万人(前年同月比49万人増)で、7カ月連続で増加しております。