民間調べによると2日、新型コロナウイルスの影響を受けた企業の経営破綻が累計で1000件に達したと発表。倒産件数全体は減少しているが、飲食業やアパレル関連を中心に伸びています。

 

 昨年2月に初めて確認。9月以降はほぼ毎月100件前後で推移。

 業種別では、緊急事態宣言下で時間短縮営業を強いられた「飲食業」が182件と最多。「食品卸売」(46件)や「食品製造」(31件)などの関連業種でも目立っています。

 「アパレル関連」(91件)は小売店が休業したことが響いております。訪日外国人の減少や外出自粛で利用が低迷した「宿泊業」も62件。

 従業員数別では、従業員が5人未満が491件と約半数。中小・零細企業では業績が悪化し、給付や助成を受けても、経営を維持するのが難しくなっています。